有馬温泉「太閤の湯」の割引券とクーポン一覧

この記事は3分で読めます

こんにちは、いだねです。

きょうは有馬温泉 太閤の湯について書いていきます。

 

太閤の湯は神戸市北区の有馬温泉内にあり、全国に名高い金泉、銀泉を楽しめる温泉施設です。

 

ご利用料金は、

■平日

大人:2400円

小人(小学生):1200円

幼児(3才〜5才):400円

 

■土日祝、年始、GW、お盆

大人:2600円

小人(小学生):1300円

幼児(3才〜5才):500円

となっています。

 

それでは、この太閤の湯にお得に入れる方法を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

割引を受ける方法や割引チケットの入手方法

JAF会員証での割引

JAF会員証の提示で割引を受けることができます。

 

割引額は、一律10%引きとなっており、

■平日

大人:2400円 → 2160円(240円引き)

小人(小学生):1200円 → 1080円(120円引き)

幼児(3才〜5才):400円 → 360円(40円引き)

 

■土日祝、年始、GW、お盆

大人:2600円 → 2340円(260円引き)

小人(小学生):1300円 → 1170円(130円引き)

幼児(3才〜5才):500円 → 450円(50円引き)

となります。

 

 

JTB割引チケット

JTBのスマホ向けサービスで割引チケットを購入することができます。

 

割引額は、

■平日

大人:2400円 → 2000円(400円引き)

小人(小学生):1200円 → 1100円(100円引き)

幼児(3才〜5才):400円 → 300円(100円引き)

 

■土日祝、年始、GW、お盆

大人:2600円 → 2200円(400円引き)

小人(小学生):1300円 → 1100円(200円引き)

幼児(3才〜5才):500円 → 300円(200円引き)

となります。

 

スマートフォンからJTBのクーポンサイトにアクセスすると、割引電子チケットを購入することができます。

 

HIS割引クーポン

HISによる割引はないようです。

 

エポスカードで割引

エポスカードによる割引もありません。

 

エポスカードの詳しい情報はこちら↓
【エポスカード】

 

デイリーPLUS会で割引

デイリーPLUSは、Yahoo JAPANが運営する会員制の割引チケット、クーポン発行サービスです。

 

しかし、残念ながら、太閤の湯の割引はないようです。

 

デイリーPLUSの会員になるには、月額540円かかりますが、お得なクーポンがたくさんあります。

また、通常はYahooプレミアム会員しか2ヶ月無料の特典を受けられませんが、誰でも特典を受けられるページをご紹介いただいたので、リンクを載せておきますね↓
【デイリーPLUS】最大2カ月無料

 

駅探バリューDays割引

駅探バリューDaysも、デイリーPLUSと同様のサービス受けることができます。

 

しかし、こちらも太閤の湯の割引はないようです。

 

駅探バリューDaysの会員になるのも、月額費用がかかります。月額無料のキャンペーンはありませんが、月額324円なので、デイリーPLUSより安いですね。詳しくはこちら↓
【駅探バリューDays】人気レジャー施設が最大75%OFF!

 

ベネフィットステーションで割引

ベネフィットステーションは福利厚生として導入している企業が増えており、導入している会社の社員は、駅探バリューDaysや、デイリーPLUSと同様のサービスを無料で受けることができます。

 

会員証提示による割引は、JAF会員証と同じく、

■平日

大人:2400円 → 2160円(240円引き)

小人(小学生):1200円 → 1080円(120円引き)

幼児(3才〜5才):400円 → 360円(40円引き)

 

■土日祝、年始、GW、お盆

大人:2600円 → 2340円(260円引き)

小人(小学生):1300円 → 1170円(130円引き)

幼児(3才〜5才):500円 → 450円(50円引き)

となります。

 

また、コンビニ購入できる前売り割引チケットもあり、そちらの割引額は、

■平日

大人:2400円 → 1500円(900円引き)

 

■土日祝、年始、GW、お盆

大人:2600円 → 1500円(1100円引き)

となっています。

 

こちらは、ファミリーマートの「Famiポート」、ローソンの「Loppi」、セブンイレブンの「セブンマルチコピー機」で購入することができます。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは、有馬温泉 太閤の湯について書いてきました。

 

ベネフィットステーションの会員であれば、ベネフィットステーションの割引を受けるのが最もお得ですね。

 

非会員の方は、大人はJTB、小人、幼児はJAF会員証で割引を受けるのがよいですね。

 

スポンサードリンク

相互リンク

たまには出かけず、おうちで映画を見ませんか。動画情報満載サイト


動画配信情報局

スポンサードリンク

カテゴリー


アクセスカウンタ

  • 1402556総閲覧数:
  • 926今日の閲覧数:
  • 1112昨日の閲覧数: