白馬五竜&Hakuba47スキー場の割引券とクーポン一覧

この記事は3分で読めます

こんにちは、いだねです。

きょうは白馬五竜&Hakuba47スキー場について書いていきます。

 

白馬五竜&Hakuba47スキー場は、長野県北安曇郡白馬村にある人気のスキー場で、「アルプス平&とおみゲレンデ」「いいもりゲレンデ」「Hakuba47」の3つのゲレンデで構成されています。

 

リフトの料金は、

■1日券

アダルト(18才〜49才):5000円

ユース(12才〜17才):4000円

ジュニア(小学生):2700円

シニア(50才〜69才):4000円

Gシニア(70才以上):3200円

 

■2日券

アダルト(18才〜49才):9000円

ユース(12才〜17才):7700円

ジュニア(小学生):4800円

シニア(50才〜69才):7700円

Gシニア(70才以上):6100円

 

■ナイター券

12才以上:1900円

小学生:950円

となっています。

 

それでは、これから白馬五竜&Hakuba47スキー場をお得に楽しむ方法を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

割引を受ける方法

JAF会員証での割引

JAF会員証の提示により割引を受けることができます。

 

割引対象は、大人のみで割引額は、

■1日券

アダルト(18才〜49才):5000円 → 4500円(500円引き)

シニア(50才〜69才):4000円 → 3500円(500円引き)

となります。

 

 

JTB割引チケット

JTBのよる割引はないようです。

 

HIS割引クーポン

HISには割引クーポンがあります。

 

リフト1日券と1000円分のお食事券がついたチケットが安く購入できるクーポンで、割引額は、

■1日券+1000円分お食事券

アダルト(18才〜49才):6000円 → 5200円(800円引き)

ジュニア(小学生):3700円 → 3100円(600円引き)

となります。

 

HISのホームページに、パソコンからアクセスし、クーポンを印刷して現地窓口に持っていくことで割引を受けることができます。

 

エポスカードで割引

エポスカードによる割引はないようです。

 

エポスカードの詳しい情報はこちら↓
【エポスカード】

 

楽天トラベル割引クーポン

楽天トラベルにも割引クーポンがあります。

 

割引内容は、HISと同様で、

■1日券+1000円分お食事券

アダルト(18才〜49才):6000円 → 5200円(800円引き)

ジュニア(小学生):3700円 → 3100円(600円引き)

となります。

 

デイリーPLUSで割引チケット

デイリーPLUSは、Yahoo JAPANが運営する会員制の割引チケット、クーポン発行サービスです。

 

割引額は

■1日券

アダルト(18才〜49才):5000円 → 3900円(1100円引き)

となっています。

 

ホームページより購入手続きをすると、電子チケットが購入できます。その電子チケットを当日スマホで提示することで割引を受けることができます。

 

デイリーPLUSの会員になるには、月額540円かかりますが、お得なクーポンがたくさんあります。

また、通常はYahooプレミアム会員しか2ヶ月無料の特典を受けられませんが、誰でも特典を受けられるページをご紹介いただいたので、リンクを載せておきますね↓
【デイリーPLUS】最大2カ月無料

 

駅探バリューDaysで割引チケット

駅探バリューDaysも、デイリーPLUSと同様のサービスを受けることができます。

 

割引額もデイリーPLUSと同じく

■1日券

アダルト(18才〜49才):5000円 → 3900円(1100円引き)

となっています。

 

こちらも、駅探バリューDaysのホームページより電子チケットを購入することで、割引を受けることができます。

 

駅探バリューDaysの会員になるのも、月額費用がかかります。月額無料のキャンペーンはありませんが、月額324円なので、デイリーPLUSより安いですね。詳しくはこちら↓
【駅探バリューDays】人気レジャー施設が最大75%OFF!

 

ベネフィットステーションで割引チケット

ベネフィットステーションは福利厚生として導入している企業が増えており、導入している会社の社員は、デイリーPLUSや、駅探バリューDaysと同様のサービスを月額無料で利用することができます。

 

割引内容は、デイリーPLUS、駅探バリューDaysと同じく

■1日券

アダルト(18才〜49才):5000円 → 3900円(1100円引き)

になります。

 

ベネフィットステーションのホームページから割引価格でデジタルチケットを購入することができます。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは、白馬五竜&Hakuba47スキー場について書いてきました。

 

割引が大きいのは、デイリーPLUS、駅探バリューDays、ベネフィットステーションで、この割引額なら2日券を買うよりも1日券を2枚買ったほうがお得ですね。

 

割引額が非常に大きいので、ぜひ割引チケットでお得に楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク

お役立ち情報

いまオススメの高還元クレジットカード8選


スポンサードリンク

カテゴリー


アクセスカウンタ

  • 1190753総閲覧数:
  • 2012今日の閲覧数:
  • 2293昨日の閲覧数: