斑尾高原スキー場の割引券とクーポン一覧

この記事は3分で読めます

こんにちは、いだねです。

きょうは斑尾高原スキー場について書いていきます。

 

斑尾高原スキー場は長野県飯山市と新潟県妙高市にひろがるスキー場です。

 

リフトの料金は、

■大人

斑尾・タングラム共通1日券:5000円

1日券:4500円

2日券:8100円

3日券:11900円

4時間券:3900円

午後+ナイター券:4800円

ナイター券:1800円

 

■中高生・シニア(55歳以上)

斑尾・タングラム共通1日券:5000円

1日券:4000円

2日券:7100円

3日券:10100円

4時間券:3300円

午後+ナイター券:4000円

ナイター券:1600円

 

■小学生

斑尾・タングラム共通1日券:3000円

1日券:1500円

2日券:2500円

3日券:3500円

となっています。

 

それでは、これから斑尾高原スキー場のをお得に楽しむ方法を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

割引を受ける方法

JAF会員証での割引

JAF会員証による割引はないようです。

 

 

JTB割引チケット

JTBで割引チケットを販売しています。

 

割引額は、

■大人

1日券:4500円 → 2800円(1700円引き)

となっています。なお、チケットの販売は12/16までとなっています。

 

割引前売り券の購入は、ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクスにおいてある、情報端末から購入することができます。購入のときに、商品番号(0244312)が必要になりますので、番号を控えておいてくださいね。

 

HIS割引クーポン

HISによる割引クーポンもあります。

 

リフト券+お食事券のセットが割引になり、その割引額は、

■大人

1日券+食事券(1000円分):5500円 → 4600円(900円引き)

2日券+食事圏(2000円分):10100円 → 8200円(1900円引き)

 

■中高生・シニア(55歳以上)

1日券+食事券(1000円分):5000円 → 4200円(800円引き)

2日券+食事圏(2000円分):9100円 → 7400円(1700円引き)

となります。

 

楽天トラベル割引クーポン

楽天トラベルにも割引クーポンがあります。

 

1日券とお食事券のセットが割引になり、割引額はHISと同じく

■大人

1日券+食事券(1000円分):5500円 → 4600円(900円引き)

2日券+食事圏(2000円分):10100円 → 8200円(1900円引き)

 

■中高生・シニア(55歳以上)

1日券+食事券(1000円分):5000円 → 4200円(800円引き)

2日券+食事圏(2000円分):9100円 → 7400円(1700円引き)

となります。

 

デイリーPLUSで割引クーポン

デイリーPLUSは、Yahoo JAPANが運営する会員制の割引チケット、クーポン発行サービスです。

 

1日券とお食事券のセットが割引になり、その割引額は、HISなどと同じく

■大人

1日券+食事券(1000円分):5500円 → 4600円(900円引き)

2日券+食事圏(2000円分):10100円 → 8200円(1900円引き)

 

■中高生・シニア(55歳以上)

1日券+食事券(1000円分):5000円 → 4200円(800円引き)

2日券+食事圏(2000円分):9100円 → 7400円(1700円引き)

となっています。

 

なお、使い方は、デイリーPLUSのホームページで、クーポンを印刷して現地に持っていくことになります。

 

デイリーPLUSの会員になるには、月額540円かかりますが、お得なクーポンがたくさんあります。

また、通常はYahooプレミアム会員しか2ヶ月無料の特典を受けられませんが、誰でも特典を受けられるページをご紹介いただいたので、リンクを載せておきますね↓
【デイリーPLUS】最大2カ月無料

 

駅探バリューDaysで割引クーポン

駅探バリューDaysも、デイリーPLUSと同様のサービスを受けることができます。

 

割引額もデイリーPLUSと同じく

■大人

1日券+食事券(1000円分):5500円 → 4600円(900円引き)

2日券+食事圏(2000円分):10100円 → 8200円(1900円引き)

 

■中高生・シニア(55歳以上)

1日券+食事券(1000円分):5000円 → 4200円(800円引き)

2日券+食事圏(2000円分):9100円 → 7400円(1700円引き)

となっています。

 

こちらもクーポンを印刷していくことになります。

 

駅探バリューDaysの会員になるのも、月額費用がかかります。月額無料のキャンペーンはありませんが、月額324円なので、デイリーPLUSより安いですね。詳しくはこちら↓
【駅探バリューDays】人気レジャー施設が最大75%OFF!

 

ベネフィットステーションで割引クーポン

ベネフィットステーションは福利厚生として導入している企業が増えており、導入している会社の社員は、デイリーPLUSや、駅探バリューDaysと同様のサービスを月額無料で利用することができます。

 

割引内容は、デイリーPLUS、駅探バリューDaysと同じく

■大人

1日券+食事券(1000円分):5500円 → 4600円(900円引き)

2日券+食事圏(2000円分):10100円 → 8200円(1900円引き)

 

■中高生・シニア(55歳以上)

1日券+食事券(1000円分):5000円 → 4200円(800円引き)

2日券+食事圏(2000円分):9100円 → 7400円(1700円引き)

になります。

 

ベネフィットステーションのホームページでクーポンを印刷して、現地に持って行ってくださいね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは、斑尾高原スキー場について書いてきました。

 

1日券のみの割引額が大きいのはJTBの期間限定チケットですね。また、それ以外にも、HIS、楽天トラベル、デイリーPLUS、駅探バリューDays、ベネフィットステーションの割引も大きいですね(いずれも割引額は同額)。

 

割引額が大きいので、ぜひ利用してくださいね。

 

スポンサードリンク

お役立ち情報

いまオススメの高還元クレジットカード8選


スポンサードリンク

カテゴリー


アクセスカウンタ

  • 1191943総閲覧数:
  • 1111今日の閲覧数:
  • 2091昨日の閲覧数: