ティージョイ映画館の割引券とクーポン一覧

この記事は2分で読めます

こんにちは、いだねです。

きょうはティージョイについて書いていきます。

 

ティージョイは全国に展開されているシネマコンプレックスで、

・新宿バルト9

・横浜ブルク13

・T・ジョイSEIBU大泉

・T・ジョイ蘇我

・T・ジョイ新潟万代

・T・ジョイ長岡

・T・ジョイPRINCE品川

・梅田ブルク7

・T・ジョイ京都

・広島バルト11

・T・ジョイ東広島

・T・ジョイ出雲

・T・ジョイ博多

・T・ジョイ久留米

・T・ジョイリバーウォーク北九州

・T・ジョイパークプレイス大分

・鹿児島ミッテ10

などがあります。

 

ティージョイの上映料金は

一般:1800円

大学生・専門学生:1500円

高校生:1000円か1500円(劇場により異なる)

小人(3才以上中学生以下):1000円

シニア(60歳以上):1100円

となっています。

 

なお、3Dは上記に300円か400円(劇場により異なる)が必要になります。

 

それでは、これからティージョイをお得に楽しめる方法を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

割引を受ける方法

JAF会員証での割引

JAF会員証による割引はないようです。

 

 

エポスカードで割引

年会費無料のクレジットカード「エポスカード」による割引もありません。

 

エポスカードの詳しい情報はこちら↓
【エポスカード】

 

特定の日時(スペシャルプライス)割引

ティージョイでは特定の日時に割引を実施しています。

 

割引後の価格はそれぞれ、

・ファーストデイ(毎月1日):1100円(700円引き)

・レディースデイ(毎週水曜・女性のみ):1100円(700円引き)

・映画の日(12/1):1000円(800円引き)

・夫婦50割引(2名分、夫婦のどちらかが50才以上):2200円(2人で1400円引き)

となっています。

 

この他、劇場ごとの独自の割引を設定していることもありますので、各劇場のホームページもご確認ください。

 

ベネフィットステーションで割引チケット

ベネフィットステーションは福利厚生として導入している企業が増えており、導入している会社の社員は、デイリーPLUSや、駅探バリューDaysと同様のサービスを月額無料で利用することができます。

 

割引内容は、デイリーPLUS、駅探バリューDaysと同じく

■2D上映(3D上映も割引額は同じ)

一般:1800円 → 1300円(500円引き)

になります。

 

チケットの購入は、ベネフィットステーションのホームページから購入し、チケットを郵送してもらうか、または、セブンイレブンの「セブンマルチコピー」、ファミリーマートの「Famiポート」、ローソンの「Loppi」でチケットを購入(手数料100円)することができます。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは、ティージョイについて書いてきました。

 

特定日時の割引は金額が大きいですね。

 

この情報が役立つと幸いです。

 

スポンサードリンク

相互リンク

たまには出かけず、おうちで映画を見ませんか。動画情報満載サイト


動画配信情報局

スポンサードリンク

カテゴリー


アクセスカウンタ

  • 1349662総閲覧数:
  • 619今日の閲覧数:
  • 1901昨日の閲覧数: