ラグーナテンボスの遊園地とプールの割引券とクーポン一覧

この記事は5分で読めます

こんにちは、いだねです。

きょうはラグーナテンボスについて書いていきます。

 

ラグーナテンボスは愛知県蒲郡市にある海をテーマにしたテーマパークで、そのなかに、「ラグナシア」というプールもあります。

 

ラグナシアで楽しむためのチケットは4種類あり、

入園券:入園のみ

パスポート:入園+のりもの乗り放題

プール付入園券:入園+プール入場

プール付パスポート:入園+プール入場+のりもの乗り放題

となります。

 

料金はそれぞれ、

■入園券

大人:2150円

中学生:2150円

小学生:1200円

幼児(3歳以上):700円

 

■パスポート

大人:4100円

中学生:4100円

小学生:3000円

幼児(3歳以上):2250円

 

■プール付入園券

大人:3200円

中学生:2900円

小学生:1550円

幼児(3歳以上):1050円

 

■プール付パスポート

大人:5150円

中学生:4850円

小学生:3350円

幼児(3歳以上):2600円

となっています。

 

それでは、このラグーナテンボスをお得に楽しむ方法を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

割引を受ける方法

JAF会員証での割引

JAF会員証の提示で割引を受けることができます。

 

割引額は一律約5%引きで、

■入園券

大人:2150円 → 2040円(110円引き)

中学生:2150円 → 2140円(110円引き)

小学生:1200円 → 1140円(60円引き)

幼児(3歳以上):700円 → 670円(30円引き)

 

■パスポート

大人:4100円 → 3900円(200円引き)

中学生:4100円 → 3900円(200円引き)

小学生:3000円 → 2850円(150円引き)

幼児(3歳以上):2250円 → 2140円(110円引き)

 

■プール付入園券

大人:3200円 → 3040円(160円引き)

中学生:2900円 → 2760円(140円引き)

小学生:1550円 → 1470円(80円引き)

幼児:1050円 → 1000円(50円引き)

 

■プール付パスポート

大人:5150円 → 4890円(260円引き)

中学生:4850円 → 4610円(240円引き)

小学生:3350円 → 3180円(170円引き)

幼児:2600円 → 2470円(130円引き)

となります。

 

 

JTB割引チケット

JTBでは前売り券はありますが、割引はないようです。

 

エポスカードで割引

残念ながら、エポスカードでの割引もないようです。

 

エポスカードの詳しい情報はこちら↓
【エポスカード】

 

UCSカードで割引

年会費無料のクレジットカード「UCSカード」での支払いでも割引を受けることができます。

 

割引額は、

■入園券

大人:2150円 → 2040円(110円引き)

中学生:2150円 → 2140円(110円引き)

小学生:1200円 → 1140円(60円引き)

幼児(3歳以上):700円 → 670円(30円引き)

 

■パスポート

大人:4100円 → 3900円(200円引き)

中学生:4100円 → 3900円(200円引き)

小学生:3000円 → 2850円(150円引き)

幼児(3歳以上):2250円 → 2140円(110円引き)

 

■プール付入園券

大人:3200円 → 3040円(160円引き)

中学生:2900円 → 2760円(140円引き)

小学生:1550円 → 1470円(80円引き)

幼児:1050円 → 1000円(50円引き)

 

■プール付パスポート

大人:5150円 → 4890円(260円引き)

中学生:4850円 → 4610円(240円引き)

小学生:3350円 → 3180円(170円引き)

幼児:2600円 → 2470円(130円引き)

となります。

 

デイリーPLUSで割引クーポン

デイリーPLUSは、Yahoo JAPANが運営する会員制の割引チケット、クーポン発行サービスです。

 

割引額は、JAF会員証、UCSカードと同額の

■入園券

大人:2150円 → 2040円(110円引き)

中学生:2150円 → 2140円(110円引き)

小学生:1200円 → 1140円(60円引き)

幼児(3歳以上):700円 → 670円(30円引き)

 

■パスポート

大人:4100円 → 3900円(200円引き)

中学生:4100円 → 3900円(200円引き)

小学生:3000円 → 2850円(150円引き)

幼児(3歳以上):2250円 → 2140円(110円引き)

 

■プール付入園券

大人:3200円 → 3040円(160円引き)

中学生:2900円 → 2760円(140円引き)

小学生:1550円 → 1470円(80円引き)

幼児:1050円 → 1000円(50円引き)

 

■プール付パスポート

大人:5150円 → 4890円(260円引き)

中学生:4850円 → 4610円(240円引き)

小学生:3350円 → 3180円(170円引き)

幼児:2600円 → 2470円(130円引き)

となっています。(2018年3月31日まで)

 

デイリーPLUSのホームページより、クーポンを印刷して持っていくことで割引を受けることができます。

 

デイリーPLUSの会員になるには、月額540円かかりますが、お得なクーポンがたくさんあります。

また、通常はYahooプレミアム会員しか2ヶ月無料の特典を受けられませんが、誰でも特典を受けられるページをご紹介いただいたので、リンクを載せておきますね↓
【デイリーPLUS】最大2カ月無料

 

駅探バリューDaysで割引クーポン

駅探バリューDaysも、デイリーPLUSと同様のサービスを受けることができます。

 

割引額もデイリーPLUSと同じく、

■入園券

大人:2150円 → 2040円(110円引き)

中学生:2150円 → 2140円(110円引き)

小学生:1200円 → 1140円(60円引き)

幼児(3歳以上):700円 → 670円(30円引き)

 

■パスポート

大人:4100円 → 3900円(200円引き)

中学生:4100円 → 3900円(200円引き)

小学生:3000円 → 2850円(150円引き)

幼児(3歳以上):2250円 → 2140円(110円引き)

 

■プール付入園券

大人:3200円 → 3040円(160円引き)

中学生:2900円 → 2760円(140円引き)

小学生:1550円 → 1470円(80円引き)

幼児:1050円 → 1000円(50円引き)

 

■プール付パスポート

大人:5150円 → 4890円(260円引き)

中学生:4850円 → 4610円(240円引き)

小学生:3350円 → 3180円(170円引き)

幼児:2600円 → 2470円(130円引き)

となっています。(2018年3月31日まで)

 

こちらもクーポンを印刷して持っていくと割引を受けることができます。

 

駅探バリューDaysの会員になるのも、月額費用がかかります。月額無料のキャンペーンはありませんが、月額324円なので、デイリーPLUSより安いですね。詳しくはこちら↓
【駅探バリューDays】人気レジャー施設が最大75%OFF!

 

ベネフィットステーションで割引クーポン

ベネフィットステーションは福利厚生として導入している企業が増えており、導入している会社の社員は、駅探バリューDaysや、デイリーPLUSと同様のサービスを月額無料で受けることができます。

 

割引額は、デイリーPLUS、駅探バリューDaysと同じく、

■入園券

大人:2150円 → 2040円(110円引き)

中学生:2150円 → 2140円(110円引き)

小学生:1200円 → 1140円(60円引き)

幼児(3歳以上):700円 → 670円(30円引き)

 

■パスポート

大人:4100円 → 3900円(200円引き)

中学生:4100円 → 3900円(200円引き)

小学生:3000円 → 2850円(150円引き)

幼児(3歳以上):2250円 → 2140円(110円引き)

 

■プール付入園券

大人:3200円 → 3040円(160円引き)

中学生:2900円 → 2760円(140円引き)

小学生:1550円 → 1470円(80円引き)

幼児:1050円 → 1000円(50円引き)

 

■プール付パスポート

大人:5150円 → 4890円(260円引き)

中学生:4850円 → 4610円(240円引き)

小学生:3350円 → 3180円(170円引き)

幼児:2600円 → 2470円(130円引き)

となっております。

 

ご利用方法は、ベネフィットステーションのホームページでクーポンを発行し、そのクーポンを現地チケットブースで提示することで割引をうけることができます。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

きょうは、ラグナテンボスについて書いてきました。

 

割引を受けるには、JAF会員証、UCSカード、デイリーPLUS、駅探バリューDays、ベネフィットステーションの5通りがありますが、いずれも割引額は同じですね。

スポンサードリンク

お役立ち情報

いまオススメの高還元クレジットカード8選


スポンサードリンク

カテゴリー


アクセスカウンタ

  • 1190794総閲覧数:
  • 2053今日の閲覧数:
  • 2293昨日の閲覧数: